幹部や従業員が主体的に動いてくれない、プロジェクトの管理や実行が
進まずお悩みの小さな会社の経営者・ご担当者向け

 片づけを活用した自律型社員育成!

社内環境整備を通じて、
社員一人一人の仕事力を上げる
\リーダーと従業員を育てる /

片づけ戦略オンラインセミナー

参加費
無料!

こんなお悩みありませんか?

  • リーダーや幹部を社内環境整備の担当者にしているが、積極的に動いてくれない。
  • 社長の意向を伝えてはいるが、従業員が思うように動いてくれない。
  • 整理・整頓だけでなく、製造現場などでも自ら考えて工夫する人材が少ない。
  • 整理・整頓を含めて、プロジェクトの管理や計画通りに実行出来る社員を育てたい
  • 社内環境整備も含めて、小さなタスクを責任を持って遂行する社員を育てたいが自分一人では手立てがない。
  • 先代の社長から事業承継したが、社内を綺麗にし事業を伸ばしたいと思っても、
    社員が自分の言うことを聞いてくれない。


  • 社長の意向を伝えてはいるが、従業員が思うように動いてくれない。

社内環境整備を通じて幹部や社員が育つ

\3つの理由/

【1.社員の気づき力が上がる】

職場環境を片づけることで、視覚や聴覚などの五感を研ぎ澄ますことができ、これまでにない集中力や判断力を養え、気づき力を高めることに繋がります。

デスクを片づけることがムダな時間を削減することに留まらず、仕事そのものの見直しや問題や課題の解決に意識を向けることになるからです。自分自身を片づけを通して、客観的に見るきっかけになるのです。


【2.社員の行動力が上がる】

片づけの対象は、まずモノから始まります。書類や文房具、さらにはデータなどに及びます。目に見えるものだから、分かり易くシンプルな取り組みから始めることができます。だから、誰でも行動を起こしやすいのです。いざ始めれば、目の前の景色が変化し、達成感が生まれるのです。

片づけはこのように、生産性や快適さを実感することで自分事としてとらえ、行動を続けることが可能になります。やると決めたことを決めた通りに、そして、期待以上の結果を出そうと動き出すことが自然とできるようになります。

【3.社員の思考力が上がる】

環境整備は、目の前にある具体的な場所やモノを最適化することから始まります。使いやすく分かり易く、そして快適にするとてもシンプルな活動です。

その活動を支える二つの柱が「整理」と「整頓」で、これらが物事の本質を捉え、思考力を高めることになります。整理とは厳選、整頓は適切な配置(ポジショニング)、この二つを通して継続的に活動を行えば、コトの片づけにも応用でき、思考力を高めることができるのです。

\お客様のお喜びの声/

事務所も現場も片づくことで場の「すさみ」が軽減し、最初は半信半疑だった主任たちの自主性も見られてきました

山田修整有限会社
専務取締役
吉田隆一様  

【業種:繊維製品修整業】
事業承継を目前に「会社づくりの土台として」片づけコンサルを導入されたクライアント様

片づけは会社づくりの土台です。頭の中にある教育とか理念とか、そういったものに、片づけが全部関わってくると思っています。
ただ、片づけが会社を経営していく上で非常に重要度が高いというのはわかっていても、弊社のような中小零細では、緊急度が高いことや目先のことで忙殺されやすいので、その中で、継続的にやっていくとなると餅は餅屋じゃないですけど、全然利害関係のない所で同じ目線に立って、こうやっていきましょうね、というスッキリ・ラボさんの規模感、存在というのは、僕は大きいと思います。

まずは自分と本社にいる次世代を担う三人の主任の四人で4か月間片づけに取り組むことになりました。コンサルを始めると第一回終了後に、早速成果が目に見えて現れてきました。

主任達が取り組んだそれぞれの事務デスクが片づくことで、以前より皆明るくなったというか、場の「すさみ」が軽減してきたと感じとれました。

また最初は半信半疑だった主任達も、本人たちの自主性も見られる中で、いよいよ自分のデスクから現場へと移行してきたので、さらなる展開を期待しているところです。

※2021年6月より新潟と東京にある3工場で、全社員参加によるかたづけ研修がスタートしています。

スッキリ・ラボのコンサルティングはプレッシャーがない!
事務所や工場、倉庫の片づけを通して、社員自ら目標達成する力が向上しました

株式会社太明 (たいめい)様  

【業種:建設業】

品川区で地域に密着した建具屋さん

事務所、工場、倉庫などの片づけに全社で取り組まれてクライアント様


代表取締役社長 開陽丸 武明様
事業継承をすることになり、新しい会社の出発として何かをしたいと考えていました。そんな時に、小松さんの講演を聞く機会がありました。モノを減らすという発想、片づけを習慣化することで仕事のスタイルが変わること、そして何より「片づける」とは、「片をつけること」という言葉が、心に響きました。オフィスを片づけることで、新しい会社として出発できると考え、取り組むことに決めました。


実際にオフィスがきれいに整理されてスッキリしていますし、全員で片づけに取り組んでいるので、個々人が片づけることの効果を実感していると思います。顔が見えるのでコミュニケーションも取りやすくなっていますし、お客さんの印象も全く違うことも実感できていると思います。

小松さんから、1日15分でいいと教えていただいたので、プレッシャーがなくなりました。一気に気合を入れてやるよりも、効率が良いと思います。また、習慣化することで、リバウンドもありません。障壁になったことがあるとしたら、時間的なものよりも心理的な壁です。捨てるのはもったいないということと、もしかしたら使うかもしれないという気持ちが生まれます。特にカタログです。しかし、よく考えて見ると、同じカタログは複数冊も必要ありませんし、「使うかも?」と考えているモノでも、検証してみれば、実際は全く必要がなかったことがわかります。片づけることで、必要なモノと必要でなかったモノを区別することができました。


角屋様
仕事に関わるモノが必要か必要でないかの判断は特定の個人では行うことができません。ですから、全員で取り組む必要があります。小松さんにお話をお聞きして、スタッフ全員の意識を統一でき、習慣化が定着したと思います。

小松さんは押し付けることや、また、私たちの話を否定することもありません。もちろん、的確なアドバイスは何度もいただいています。しかし、最終的な決定は私たちに委ねてくださいます。自分たちで立てた目標であり、スケジュールですからやり遂げようと思う自主性が生まれるのも小松先生のコンサルティングの特徴だと思います。

社内が数年に渡って片づかず悩んでいたが、
チームで”確実に一歩が踏み出すことができ、片づけが進みました!

株式会社 ダスキン中央 【業種:クリーンサービス業】代表取締役 中島光隆様 

個人的にも悩んでいた、かたづけの手法を学ぶために結構な時間と費用の投資をしてはいましたが、なかなか一歩が踏み出せないでいました。”スッキリ・ラボ”に出会いようやく初めて動き始めることができ、短期での成果を、出すことができました。

目からウロコであったのは、”整理(要るもの、要らないものを分ける)”からではないこと。最初から”かたづけ”から入るということでした。結果、直ぐに習慣化の重要性も理解でき、自信となりました。小松さんの”実践”と”チーム学習”のハイブリッドなメソッドはとてもユニークで、どなたも楽しみながら第一歩は確実に踏み出せることは間違いがありません。

VOICE

捨てる行為が時間経過管理も含めてできるようになった!

T工業株式会社 【業種:製造・卸業】代表取締役社長 N様
かたづけプロジェクトをやってみて、片づけに対する意識が変わったことは、整理はなるべく早くするようになったこと。また他人の整理、整頓まで気にするようになったこと、継続することの力を改めて感じさせられました。また思った以上の整理/整頓ができ、時間経過管理も含めてできるようになりました。
VOICE

片づけで時短が実現したり、仕事にも成果が出て来るとはすばらしいですね

N工務店【業種:建設業】代表取締役 N様
びっくりするくらいにゴチャゴチャだった私の机、そして社内。小松さんにアドバイスをもらって皆がびっくりするくらいの片付いた机、そして今は3ヶ月経過しましたが、
「社長が変われば 会社も変わる」ということで、スタッフも各々整理整頓を心がけている様子で
効果が表れています。
片付けで時短が実現したり、仕事にも成果が出て来るとはすばらしいですね。がんばります。
VOICE

500万円のコストカットが実現し、社員の意識改革ができた

株式会社 大成コーポレーション 【業種:建設業】 代表取締役 遠藤正幸様

オフィスを片づけたら、モノを探す時間が減り年間500万円のコスカットを実現しました。実際に片づけをやってみるともっと効果は深いところにあって、その深いところというのは、社員の意識改革ができたことでした。
VOICE

捨てる行為が時間経過管理も含めてできるようになった!

T工業株式会社 【業種:製造・卸業】代表取締役社長 N様
かたづけプロジェクトをやってみて、片づけに対する意識が変わったことは、整理はなるべく早くするようになったこと。また他人の整理、整頓まで気にするようになったこと、継続することの力を改めて感じさせられました。また思った以上の整理/整頓ができ、時間経過管理も含めてできるようになりました。
VOICE

社内環境整備を通じて仕事力を上げた
社員様のご感想

  • デスク周りを整理整頓すると、物事の優先順位がわかるようになり、ムダな仕事で時間を費やすことがなくなった。
  • まず書類が半分になり、自分でもびっくりして、できる!という気持ちが芽生えた。みんなでやろー!と言った時、いやな顔をした人はいなく、自発的に朝の掃除が始まった。今では、自分のスペースだけでなく、共有部の整理整頓があたりまえになり、かたづけ・整頓した状態があたりまえになっています。
  • 片づけの担当者を社内に置いたことで、決定がスムーズになり、責任の所在も明らかになったので社内環境整備の仕組みが機能するようになった。
  • かたづけプロジェクトを通して、会社全体スタッフ全体で片づけを意識し、どこに何があるのか共通の意識を持てる様になった。
  • かたづけプロジェクトで、片づけに対する意識が変わったのは、途方も無く手がつけられないというような散らかったいる場所でも、細かく細分化して、優先順位をあげてスケジューリング化し、こつこつと実践していく事で、現実が変わる事です。
  • 今まで感覚的におこなっていた作業をロジック化することにより自分の中で”片づけ”に関する論理も合わせて”整理整頓”することができました。
  • まず書類が半分になり、自分でもびっくりして、できる!という気持ちが芽生えた。みんなでやろー!と言った時、いやな顔をした人はいなく、自発的に朝の掃除が始まった。今では、自分のスペースだけでなく、共有部の整理整頓があたりまえになり、かたづけ・整頓した状態があたりまえになっています。

<デスクの片づけ事例>

Before

After

<倉庫の事例>

Before

After

スッキリ・ラボが選ばれる3つの理由

【1.企業向け2S支援の豊富な実績で培った
人間理解に基づく「人を動かす」メソッドがある

・数々の「かたづけフレーズ」を用いながら、自らセルフコーチングし、社員同士で声を掛け合うことができるようになり、壁にぶつかった時にも乗り越える力が身につきます。

・チームで行動計画を作成し、それに基づき自らプロジェクトを遂行することでマネジメント力が養われます。

・オリジナルのフレームワークやアクションプランシートを活用し積極的に行動します。


【2.難しい概念ではなく、わかりやすさ、一歩踏み出しやすさを重視し、初めての2S・5S再挑戦にも最適

・ロジカルな説明で、社員の理解も進み、一歩踏み出すのも容易にできます。

・習慣化・しくみ化を徹底するメソッドで、社員が実践レベルで腑に落ち継続的に活動します。


【3.自ら考えて判断できる自律型社員を育成する
アプローチがある】

・管理職が2Sや部下育成にリーダーシップを発揮します。

・社員間で会話が生まれることで社内の風通しが良くなります。

・「モノ」の片づけから「コト」の片づけに繋がり「重要だが緊急ではないこと」に意識が向くようになり、自ら主体的に行動できるようになります。

・普段見慣れた職場環境に対して、自ら問題点や課題点を発見し、改善策を考えるようになります。

本セミナーでは片づけを戦略的に実施する

具体的な方法お伝えいたします。

セミナー内容
1
幹部も社員も動き出すマインドセット

・「モノ」を片づける前にまず「〇〇〇」を片づける

・なぜ「かたづけ」をすると「人材育成」が進むのか?

・整理の本質を見極めれば、社員の仕事力は格段にアップする

・社内の詰まりから「こ〇〇り」を発見すれば、環境整備は上手くいく

・社内環境整備に「〇〇〇〇さ」を見出せば人は勝手に動き出す

セミナーの内容
2
チーム力も上げるかたづけの具体的な手法

・〇〇と〇〇を区別し明確化すれば、活動の推進力が上がる

・環境整備の停滞を脱する究極の組織作りとは?

・会社にとって強力な武器となる「データの片づけ」のポイントとは?

・全社員が環境整備に目覚めてしまう魔法の質問とは?

・片づけスイッチを全社員に入れる究極の話法とは?

セミナーの内容
3
属人ではなく、社内環境整備を叶える仕組み化

・片づけのやる気がおきない目から鱗(うろこ)のメカニズムとは?

・社員の企画力と創造力を高める「仕組み」の片づけとは?

・社員のやる気が継続する「秘密のツール」とは?

・片づけが「会社の文化」になるまでの3つの段階とは?

・中小企業が陥りがちな「属人化した仕事」が、なぜ環境整備で改善するのか?

セミナーの内容
2
チーム力も上げるかたづけの具体的な手法

・〇〇と〇〇を区別し明確化すれば、活動の推進力が上がる

・環境整備の停滞を脱する究極の組織作りとは?

・会社にとって強力な武器となる「データの片づけ」のポイントとは?

・全社員が環境整備に目覚めてしまう魔法の質問とは?

・片づけスイッチを全社員に入れる究極の話法とは?

こんな方におススメです

  • 片づかない会社を意識改革によって、社内を一新したい。

  • 社員の目標達成力を高めたい。

  • プロジェクト遂行に対する自主性を高めたい
  • 社長や社員が、単に片づけるだけでなく、仕組み化・習慣化まで行い、リバウンドしない、またはリバウンドしても自力で戻せる力を身に付けたい

  • 物理的なモノの片づけに留まらず、全社員で働き方や仕事の進め方の見直しをしたい。

  • 属人的な仕事を脱し、業務の標準化を図りたい。

  • 社員の目標達成力を高めたい。

【セミナー詳細】

日程

2021年11月18日(木)10:00~11:30
残席3名

2021年11月18日(木)14:00~15:30
残席7名

2021年12月01日(水)19:00~20:30
満席となりました


料金 無料
開催場所 オンライン(Zoom)
※お申込みの方にミーティングURLを
お知らせします
講師 小松易
定員 各回10名
※定員になり次第締切とさせていただきます
テーマ 片づけを活用した自律型社員育成!
社内環境整備を通じて、
社員一人一人の仕事力を上げる
\リーダーと従業員を育てる /
片づけ戦略オンラインセミナー
定員 各回10名
※定員になり次第締切とさせていただきます

お問い合わせ・お申込みフォーム

※対象者は、経営者、総務・人事ご担当者向けになります。同業他社の方はご遠慮願います。

下記のフォームにご入力の上、[ 送信 ]ボタンをクリックしてください。
入力内容を確認するメールが自動で送信されます。
お申込み受付後24時間以内に、改めてスッキリ・ラボ事務局からセミナーのご案内をお送りいたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
お申込みはこちらをクリック▶

講師紹介

小松 易

スッキリ・ラボ代表

日本初の企業向け「かたづけ士」

大学在学中にアイルランドへ留学し、トランク1つで生活できたことに衝撃を受けて帰国。物を持たない自由と幸せを実感し、自然とかたづけに意識が向くようになる。

大学卒業後は建設会社に入社し、現場でかたづけの重要性を学ぶ。その経験から、プライベートで知人にかたづけを教え、かたづけのさらなる可能性を実感する。

2005年9月に「スッキリ・ラボ」を開業。経営者・企業向けに“かたづけ”のコンサルティング、セミナー活動を行う。今まで延べ2万人以上にかたづけ講演・研修を行っている。

主な実績
  • 著書はシリーズ累計47万部『たった1分で人生が変わる 片づけの習慣』(KADOKAWA /中経出版)、『「すぐやる人」になる1分片づけ術』(日経ビジネス人文庫)ほか現在まで著書は23冊。
    最新刊は、『「かたづけ思考」こそ最強の問題解決』(PHP研究所)。

  • テレビ出演に『ガイアの夜明け』(テレビ東京)、『めざせ!会社の星』(NHK教育)、『助けて!きわめびと』(NHK総合)など。

  • テレビ出演に『ガイアの夜明け』(テレビ東京)、『めざせ!会社の星』(NHK教育)、『助けて!きわめびと』(NHK総合)など。

主な著書
「かたづけ思考」こそ
最強の問題解決
たった1分で
人生が変わる
片づけの習慣
シリーズ累計47万部
たった1分で
人生が変わる
片づけの習慣

【主  催】

スッキリ・ラボ 代表 小松 易(やすし)


お電話でのお申込み・お問い合わせ
スッキリ・ラボ事務局
TEL:03-6425-9857


FAX:03-6701-7515
E-Mail:info@sukkirilab.com

 

スッキリ・ラボ
https://sukkirilab.com/

(平日 10:00~18:00)